OSECHI おせち料理

o0720096013552723473

我が家のおせち料理には、なぜか「巻き寿司」が登場します。昔から母が作ってきたので、その味を継承して、今は私と子供達が共同作業で作っています。少し多めに作って、友人にお裾分けしました。素朴な家庭のお寿司ですが、お重に詰めるだけで見栄えがします。「重箱を風呂敷で包む」ときは、蓋がずれることのないように「四つ包み」にします。2つの結び目で中身を固定し安定した包みとなります。布の余りをつくらず重箱に沿わせてきっちりと包みましょう。

o0640096013552731678
地元の食材で作る「巻き寿司
大分産の干し椎茸を戻し、甘辛く煮たものをたっぷりと入れ、卵焼き、ほうれん草、干瓢、鯛でんぶと一緒に巻きます。硬く巻くと、あとで海苔が破けてしまうし、緩く巻くと、包丁で切った途端に崩れて中身が飛び出します。何事も加減、加減。好い加減が一番難しいですね。